ソーシャルワーカーズラボとは

しぼんでいく社会の実相を覆い隠す看板か、それとも国家や社会のあり方を根本から変える画期的政策か。厚生労働省の地域共生社会づくり検討会委員の2人が本音で語る。
若い世代が「地域共生社会」をつくる北海道当別町。奇跡のはじまりは20年前、ひとりの大学生が障害児の母と出会ったところにある。

講師

大原裕介 社会福祉法人ゆうゆう理事長

2003年に北海道医療大学ボランティアセンターを設立。その後、NPO法人当別町青少年活動センターゆうゆう24(現在「社会福祉法人ゆうゆう」)を起業する。人口減少時代における、あらゆる住民がそれぞれの立場を超えた支え合いによって福祉的実践を構築する共生型事業を創り続けている。

野澤和弘 植草学園大副学長/毎日新聞客員編集委員

毎日新聞記者として、いじめ、ひきこもり、児童虐待、障害者虐待などの調査報道に取り組む。社会保障担当の論説委員を11年やって退社。現在は植草学園大学副学長・教授、一般社団法人スローコミュニケーション代表、東大リアルゼミの主任講師、社会保障審議会障害者部会委員なども。

開催概要

開催日

2020.10.14 Wed

タイムテーブル

17:00–18:30 講座(オンライン、受講型)
21:00– 番外編トーク(オンライン、参加型)

番外編トークについて

講座の番外編として、コーディネーターの野澤和弘氏を交えての番外トーク(オンライン、参加型)をやります。講座当日の21時から。講座をご参加いただいた方なら、どなたでもご参加いただけます。2次会的な熱いウラ話をお楽しみください。

企画・運営

SOCIAL WORKERS LAB(事務局:一般社団法人 FACE to FUKUSHI)
一般社団法人スローコミュニケーション

協力

北海道の米と汁「U-gohan」東大正門(https://u-gohan.jp

お申し込み

Peatixよりお申し込みください。

2021年度の主なイベント

2021.09 — 2021.12 つながりつながる連続講座(全4回)
2021.10 — 2021.12 WEBメディア「壌」スピンオフゼミ(全3回)
2021.10 — 2021.11 SOCIAL WORKERS TALK (全2回)
2021.12 SOCIAL MEETing (1回)

※ その他にも、不定期でさまざまなイベントを開催していきます。

※ 詳細は、「EVENT(開催予定のイベント)」よりご確認ください。

※ 本年度は新型コロナウイルス感染症感染拡大予防のため、基本的にはオンライン開催とせていただきます。

 

今年度のイベント一覧(PDF)はこちら

開催予定のイベント

プロジェクト一覧

活動レポート

関わる人々

参画法人

運営メンバー

これまでに携わったメンバー

お問い合わせ