ソーシャルワーカーズラボとは

SOCIAL WORKERS LAB(以下、SWLAB)ってなんだろう?

「〈ソーシャルワーカー〉という概念を介して、多様な人々が出会い、関わり合い、問い、学び合う社会実験的なプロジェクト」って、一体どういうこと?
どんな人達がやってるんだろう?どんな関わりができるんだろう?
自分の考えと重なるところがあるかも?近い価値観の人がいる場所なのかな?

ちょっぴり興味が湧いたり、少しでも引っかかりをおぼえたなら、
まずは「OPEN LAB(オープンラボ)」へ!

学びや考えはつながりの中で深まり、未来や可能性もまたつながりを通じて広がっていきます。
SWLABもそんな場にしていければいいな。

そんな願いをもちながら、小さな「きっかけ」としてオープンラボをはじめます!

参加メンバー

大澤健 SOCIAL WORKERS LAB コーディネーター

滋賀県大津市出身。京都大学文学部西洋哲学史(近世)専修卒。通称、ざわけん。大学時代は地域や教育領域の活動に多く携わってきたが、SWLABのイベントを通して、自身の価値観と福祉との重なり合いを見出す。SWLABディレクター今津の「こいつ、ほっといたら大怪我するぞ」という情けもあり、2020年度からはメンバーとしての活動を開始。現在はコーディネーターとして、プロジェクト全体の運営を担う。趣味はカメラと旅。人生のテーマは、境界・線引き。最近はソーシャルワークとリーダーシップとの関係に興味あり。

高橋 侑里 SOCIAL WORKERS LAB 学生メンバー

埼玉県上尾市出身。東洋大学社会学部社会福祉学科4年。新型コロナの影響による制約もあり内向きになっていた時期に、SWLABのイベントにふらっと参加。自分の考えや価値観に近しい人の存在に共鳴し、励まされ、一歩を踏み出すきっかけを得る。多様な関わり合いを通じて、自分の本当にやりたいことや大切にしたいことが見えてきた(気がする)。昨年の自分のような誰かに機会や場が届けることを願い、7月からメンバーとしての活動を本格化。趣味は映画鑑賞で、スタジオジブリが大好き。来年4月からは介護の現場で働く予定。

大森 美歩 SOCIAL WORKERS LAB 学生メンバー

福井県鯖江市出身。慶應義塾大学文学部教育学専攻4年。高校時代、勉強や学校が苦痛になった体験から、学校教育について考えるようになり、大学では教育学を専攻。学びを深める中で児童福祉にも関心を持ち、福祉の世界に足を踏み入れる。来年4月からは社会福祉法人に就職予定で、現在は内定先の法人と放課後等デイサービスでアルバイトを行いながら、SWLABでも活動している。趣味はフィルムカメラ。歌舞伎と陶芸のサークルに入っており、特に陶芸に熱を注いでいる。

開催概要

開催日

2021.10.26 Tue
zoomを使用して行います。また座談会形式の時間も設ける予定のため、カメラ・マイクオンでのご参加をお願いいたします。

内容

SWLABやメンバーの紹介のあと、座談会形式でお話を伺いながら、みなさんとSWLAB相互に理解を深めていきたいと思っています。ゆったりとお話ししたいと考えておりますので、肩の力を抜いてお越しください。
※少人数での開催のため、参加される方に合わせて、内容や形式は柔軟に変更していければと考えています。

こんな人に来て欲しい

・SWLABのイベントに参加して面白かった
・SWLABの取り組みや考えに興味がある
・SWLABのメンバーと話してみたい
・福祉やこれからの社会のことを語れるつながりが欲しい
・これからの社会や福祉とのかかわり方を模索している
・なんとなくひかれたもOK!

企画・運営

SOCIAL WORKERS LAB(事務局:一般社団法人 FACE to FUKUSHI)

お申し込み

Peatixよりお申し込みください。

2021年度の主なイベント

2021.09 — 2021.12 つながりつながる連続講座(全4回)
2021.10 — 2021.12 WEBメディア「壌」スピンオフゼミ(全3回)
2021.10 — 2021.11 SOCIAL WORKERS TALK (全2回)
2021.12 SOCIAL MEETing (1回)

※ その他にも、不定期でさまざまなイベントを開催していきます。

※ 詳細は、「EVENT(開催予定のイベント)」よりご確認ください。

※ 本年度は新型コロナウイルス感染症感染拡大予防のため、基本的にはオンライン開催とせていただきます。

 

今年度のイベント一覧(PDF)はこちら

開催予定のイベント

プロジェクト一覧

活動レポート

関わる人々

参画法人

運営メンバー

これまでに携わったメンバー

お問い合わせ