DoingからBeing へ
− 福祉社会学者とともに、SWLABを探究する −
Vol.4 山岸倫子
← 戻る
2020.12.16 オンラインライブ配信

自主ゼミ:DoingからBeingへ –福祉社会学者とともに、SWLABを探究する–Vol.4 山岸倫子

SWLAB自主ゼミ企画「Doing から Being へ ー 福祉社会学者とともに、SOCIAL WORKERS LABを探究する ー」では、正解なき時代を生きる私たちが他者や世界と向き合っていくために、ソーシャルワーカーとしての生き方・働き方、魅力や可能性をともに探索していく場にできればと思っています。

ホスト役は、SWLABディレクターである今津新之助と、福祉社会学者である竹端寛。ゲストは福祉・医療分野を問わず、さまざまな分野・領域からのゲストをお招きします。
狭義のソーシャルワーカーの枠をはみ出したゲストの方々、そして参加者の皆さんと対話・共話を重ねることで、ソーシャルワーカーとは何かを問い直し、深めていく時間にできればと思います。20年10月から21年3月までの半年間、全10回開催のゼミナールです。

今という時代にあって、私たちはいかに生き、いかに働き、いかに他者や世界と関わっていくのか。そんな問いをもって、この場にいらしてもらえたらうれしいです。立場・肩書・分野・領域を越え、さまざまな方々とお会いできるのを楽しみにしています。

ゲスト

山岸倫子 ソーシャルワーカー(社会福祉士) / 法政大学非常勤講師

1979年北海道生まれ。東京都立大学社会科学研究科社会福祉学修士課程修了。社会福祉協議会で地域活動支援センター指導員補助、生活保護の面接相談業務を経験した後、都内社会福祉法人に勤務。主に生活困窮者の自立支援に従事するかたわら、大学で福祉についての講義を行なっている。共著に『ソーシャルワーカーになりたい ー自己との対話を通した支援の解体新書』。

開催概要

開催日

2020.12.16 Wed

タイムテーブル

20:00–21:30 トークセッション(オンライン、受講型)
21:30– アフタートーク(オンライン、参加型)

番外編トークについて

イベント終了後、5分ほど休憩をはさんで、アフタートークを行います。2次会的な場として、参加いただいている皆さんとも、ざっくばらんに交流・対話できればと思っております。終了予定は22時半ごろ。ぜひこちらもご参加ください。

企画・運営

SOCIAL WORKERS LAB(事務局:一般社団法人 FACE to FUKUSHI)

お申し込み

Peatixよりお申し込みください。